家を買うなら!

元注文住宅営業が建売住宅の秘密を徹底解説します

家を購入する流れを10ステップで解説!半年以上かかる?

更新日:

どうも、元住宅営業のナツダです。

今回は家を購入する流れについて解説したいと思います。

「建売を買いたいけど、いつ何をすればいいのかチンプンカンプン」という人は、ぜひご一読ください。

建売住宅を買う流れ

さっそくですが、建売住宅購入の流れを解説しましょう。

建売を買うときは、情報収集から始まり引き渡しで終わります。
この間、どんなに早くても半年ぐらいかかると考えましょう。

引っ越ししたい日から逆算して、早めに行動を開始しましょう。
物件探しでつまずくと、1年以上かかることもありますよ。

もう少し詳しくスケジュールの解説をしてみたいと思います。

1、情報収集と要望の優先順位づけ

まず「家を買うとはどういうことなのか?手順は?建売住宅とは?」など基本的な疑問の答えを調べながら、家に対する要望に優先順位をつけていきます。

どうしても4LDK要る!
絶対にこの学区!
何が何でも南向き!

要望は言い始めるとキリがありません。
なので、5~10個ぐらいに絞り優先順位をつけリストにするのがコツです。

優先順位 要望 点数
1 間取り(4LDK) 50点
2 駐車スペース2台分 40点
3 LDKは18帖以上 30点
4 収納スペースが豊富 20点
5 サッシはペアガラス 10点

優先順位リストの使い方は、以下の記事で詳しく解説しています。
参考にどうぞ!

建売住宅の選び方を解説!「買ったあと後悔」を無くすコツ

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は、建売住宅の選び方について解説したいと思います。 とくに、選ぶのが苦手だったり買ったあと後悔しやすい人に読んでほしい内容です。 この記事で解説する内容 要望の優 ...

続きを見る

私の経験則では、要望が多かったり優先順位が付けられない人は「100点満点の家」を探し続けいつまで経っても買えないことになります。

ご注意ください。

2、資金計画を立てる

情報が整理できてきたら、こんどは「いくらの家を買っていいか?」を検討しながら資金計画を立てていきます。

資金計画を建てるにあたって、まずこの3つを覚えておきましょう。

  1. 建売を買うには住宅(物件)代金と諸費用が必要
  2. 住宅代金と諸費用は、住宅ローンと自己資金で支払う
  3. 頭金とは、自己資金のうち住宅代金にあてるもの

図にすると、こんな感じです。

頭金

実際に資金計画を立てていくためには、以下の数字が必要です。

  • ・安全な住宅ローンの借入額
  • ・自己資金額
  • ・諸費用の額

上の数字がわかれば、以下の式にあてはめ「物件価格の予算」を算出することができます。

  • 物件価格の予算 = 安全な住宅ローン借入額 + 自己資金 - 諸費用

諸費用に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。
参考にどうぞ!

家(建売住宅)を購入する時に必要な諸費用15項目のリスト

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は、家を購入するときに必要な諸費用について解説したいと思います。 家を買うときにどんな諸費用が必要か検討もつかない方。 家を買う前に把握しておきましょう。 この記 ...

続きを見る

3、物件見学(内見)

情報整理と予算が決まったら、ようやく物件見学です。
物件はあなたの要望や予算に合っているか、ゆっくり確認しましょう。

物件見学をするときは、要望をまとめたリストを持参して採点しておきます。

採点しておくことで、あとから物件の特徴を思い出しやすく、客観的に最高得点の物件を買うことができます。

4、住宅ローン仮審査

気に入った物件が出てきたら、その物件で住宅ローン仮審査をします。

売主によっては、この仮審査に通過していないと購入申し込みを受け付けてくれない場合があります。

仮審査なしで購入申し込みできる場合は、購入申し込みをしたあと仮審査してもらいます。
なぜなら、購入申し込みさえ済ませておけば、他人に買われてしまう心配がないからです。

一度仮審査に通過しておけば、自分がいくらまで借りられるか分かります。
本審査で金融機関を変えたり物件が変わってもいいので、必ず契約までに仮審査を経験しておきましょう。

5、購入申し込み

買いたい物件が決まったら、購入の申し込みを行います。
申し込みは「不動産購入申込書」や「買付証明書」といった書面でおこない、購入希望額や引き渡し希望日も記入します。

購入申し込みをするとき、10万円程度の申込金を払う場合があります。
購入が問題なく進めば、申込金は契約の際の手付金や諸費用に充当されます。
白紙になった場合は返還されます。

購入申し込みを済ませたら、できればホームインスペクション(住宅診断)をしておくことをオススメします。

ホームインスペクションに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。
参考にどうぞ!

建売の家を買う前にやるべきこと&やった方がいいこと

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は家を買う前にやるべきことを解説したいと思います。 家は高額な財産です。 これから建売の家を買う人に、後悔しないためにぜひ読んでいただきたい内容です。 この記事で ...

続きを見る

6、不動産売買契約

購入金額や引き渡し日が決まったら、契約前に重要事項説明を受けたうえで売買契約に進みます。

売買契約では、手付金として売買代金の5%~10%程度を支払います。

  • ・完成物件の手付金 → 10%が多い
  • ・未完成物件の手付金 → 5%が多い

手付金は物件代金に充当されますが、契約をキャンセルした場合は戻ってきません。
売主の都合でキャンセルになった場合は、手付金の2倍の金額が戻ってきます。

7、住宅ローン本審査

売買契約後、速やかに住宅ローン本審査をしてもらいます。

仮審査のときから金融機関も物件も変更なければ、ほとんど落ちることはないです。
一部のネット銀行では、仮審査があまく本審査で落ちることもあるようです。

住宅ローンでは、火災保険の加入が条件になっている場合が多いです。
あわせて損保会社選びや保険内容の検討も始めておきます。

8、登記や火災保険の準備

建売住宅では「所有権移転登記・所有権保存登記・表示登記」などが必要です。
また、住宅ローンを借りるときは抵当権の設定登記も必要です。

登記は一部自分でできなくもないですが、司法書士に任せた方が安心でラクです。
表示登記で必要な土地家屋調査士の手配まで全部やってくれます。

この頃には、火災保険も申し込みを済ませておきましょう。

9、物件チェック

必ず引き渡し前までに物件に問題がないかチェックしておきます。
傷、汚れ、窓やドアの立て付け、住宅設備がちゃんと動くかなどゆっくり丁寧に確認しましょう。

問題点をみつけてたら、引き渡しまでに直してもらいます。
指摘したことがちゃんと直っているか、再チェックすることもお忘れなく。

10、物件代金の清算と引き渡し

物件代金の残金を支払い、速やかに所有権の移転または保存登記を申請します。
売主、買主、銀行、司法書士が銀行に集まり引き渡し手続きしていきます。

引き渡しが完了したら、あとは引っ越しして新生活スタートです。
アフターメンテナンスについて、しっかり確認しておきましょう。

まとめ

建売を購入するときは、予想以上にやることが多いです。
しっかり流れを把握しておきましょう。

とは言え、一般的には売買が滞らないように建売販売業者が段取りしてくれるので、指示どおりに動いていけば問題ありません。

あなたが労力を使うべきは、複数の物件を見て回ったうえで一番要望に応えてくれる家を選ぶことです。

買った後で後悔しないように、まずは資料請求から頑張りましょう!

住宅資料請求のコツ、知ってますか?

家の購入予算

知ってますか?
住宅資料請求のコツ

どのタイミングで資料請求?
どこでもらえばいい?
資料の見方は?活用方法は?

資料請求は、モデルハウスやオープンハウスに行く前がおすすめです!
その理由を以下の記事にまとめました。

家を買いたいけど、何から始めていいかわからない!
そんな方に、ぜひ知っていただきたい内容です。

住宅購入の参考にどうぞ。

分譲住宅の資料請求のコツ

厳選!これから家を買う人にオススメのお役立ちサイト

非公開物件の情報がもらえる資料請求サイト

関東で家を探すなら、イチオシのサイトです。

 送られてくる資料が豊富
 非公開物件も探せる
 新築も中古も探せる

東京都神奈川県千葉県埼玉県の物件情報が豊富です。新築も中古も、一戸建もマンションも、ご希望に合わせて資料請求できます。

要望を書く欄がありますので「大手ハウスメーカーの一戸建て」とか「築10年以内の大手ハウスメーカー中古物件」など記入して申し込むことができます。

提案資料が豊富で、大手不動産情報サイトにも載らない非公開物件資料も手に入ります。

注文住宅の豊富な資料が請求できるサイト

大手の建売買うなら注文住宅という選択肢も!

 間取りの要望を叶えやすい
 構造の品質チェックがしやすい
 ただし、建売より手間がかかる

大手ハウスメーカーの建売住宅は、パワービルダーの建売住宅と比べて高価です。その価格帯なら、地域で頑張っている住宅会社や工務店の注文住宅も視野に入ってきます。

注文住宅は手間がかかりますが、希望にかなった理想の住宅が作れます。こちらも資料請求してみて、建売と比較してみてはいかがでしょうか?

住宅ローンの決定版ならこの銀行

超低金利!手厚い団信!そして、高い利便性。

 ネット銀行ならではの超低金利
 種類が豊富で手厚い保障の団信
 お財布代わりに使えて便利

住宅ローンは、まず金利が低い銀行から選ぶのがセオリーです。長年使い続ける銀行になるので、団信の保障内容日常の使いやすさも軽視できません。

じぶん銀行の住宅ローンは「低金利・手厚い団信・使いやすさ」を兼ね備えているので、イチオシです。

au携帯電話やauひかりのユーザーなら、コチラ。auユーザーのみの特典があります。

人気記事

1

いざ、「一戸建てを買おう!」と思っても、その高さに気絶しそうになりますよね。 「こんな大金の住宅ローンを組んで、ずっと返していけるんだろうか?」 ・・・みたいな。 家計や老後のことを考えると「少し、値 ...

2

せっかく苦労して高い家を買ったのに、住んでるうちに後悔し始める・・・。 そんなの、絶対避けたいですよね! でも、けっこう多いのです。そういう方々。 あなたは、そうならないように気を付けてください。 と ...

3

家を購入する年齢は何歳ぐらいが適齢か、考えたことありますか? 家は、何歳までに買わないといけない? 何歳から、買っても大丈夫? 家を買う人の平均年齢や平均年収ってどれぐらい? よくある疑問ですが、私は ...

4

建売住宅を買うとき、どんなことに注意すればいいのでしょうか? 建売住宅には、良い面も悪い面もあります。 だから、良いところを最大限いかして、悪いところのリスクを取り除くことが大事です。 そこで、今回は ...

5

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は、分譲住宅の資料請求について解説したいと思います。 「家を買いたいけど、何からやったらいいのかわからない!」と言う方。 まず、予算作りと資料請求ですよ。 予算と ...

-スケジュールの話

Copyright© 家を買うなら! , 2018 All Rights Reserved.