家を買うなら!

元住宅営業が住宅購入のノウハウを徹底解説します

建売住宅(分譲住宅)の値引き交渉を成功させる3つのコツ

更新日:

ナツダ
どうも、元住宅営業のナツダです。

いざ、「一戸建てを買おう!」と思っても、その高さに気絶しそうになりますよね。

こんな大金の住宅ローンを組んで、ずっと返していけるんだろうか?
・・・みたいな。

家計や老後のことを考えると「少し、値引きしてくれないかな?」なんて考えるのが心情です。

値引きしてくれないかな?

と言っても、その心情を住宅営業マンが理解してくれるのかどうか・・・。

そこで、今回は建売住宅の値引き交渉に役立つコツやタイミングについてお話ししたいと思います。

とくに「値引き交渉は苦手だなぁ・・・」と感じている方。
ぜひ、読んで活用していただきたい内容です。

では、さっそく説明していきましょう。

建売住宅はいくらぐらい値引きしてもらえるのか?

そもそも、家っていったいどれぐらい値切れるのでしょうか?
もしかして、値引きができないのでしょうか?

これは、物件ごとに違います。

問い合わせが多数入るような人気物件は値下げしてくれません。
ですが、売れ残っている物件は数百万円下がることもあります。

ナツダ
建売業者は、極度に売れ残るのを嫌がるんですね。

それから、需要と供給によっても値下げ幅は変わってきます。
不景気と好景気で比較すると、同じような家でも値引き額が百万円以上違うこともあります。

つまり、値引きしもらいやすい状況をまとめると以下のようになります。

値引きしてもらいやすい状況

  • 売れ残った物件
  • 不景気であまり家が売れない状況

では、特に人気でも不人気でもない物件はどうなのでしょうか?
いくらぐらい値引きしてもらえるのでしょうか?

それは交渉しだいということになります。

建売住宅の値引き交渉の3つのコツとタイミング

建売住宅の値下げ交渉にはコツとタイミングがあります。
ポイントを押さえておくことで、値下げ幅が大きくなるかもしれませんよ。

ぜひ、以下のポイントに注意して交渉してみてください。

値引き交渉の3つのポイント

  1. 必ず契約前に価格交渉する
  2. 価格交渉は不動産購入申込書で行う
  3. 100万円以内の値下げ交渉が無難

それぞれ、もう少し詳しくみていきましょう。

1、必ず契約前に価格交渉する

建売住宅は「売主に不動産購入申込書を出すことで購入の意思を伝える → そのあと売買契約」という流れになります。

ここで大事なことは、購入申し込みの時点で希望の購入価格を伝えておくということです。

建売住宅購入の流れ

  1. 物件を内見(見学)する
  2. 気に入ったら購入申込書を出す(希望の購入価格を記入
  3. 売主と買主双方の合意が得られたら売買契約
  4. 物件代金支払い
  5. 引き渡し

あなたが値下げして欲しい額を伝えることで、売主はそれに同意するか考えます。
そして、お互いの合意が得られたら契約となるわけです。

ですから、間違っても契約のタイミングで値切るのは止めましょう。
遅すぎるし、売主ともめる原因になります。

2、価格交渉は不動産購入申込書で行う

建売住宅の値下げ交渉は、購入申込書に購入希望額を書いて提出することで行います。
口頭ではできません。

不動産購入申込書には契約日も記入します。
「もし、この価格まで値下げしてくれるなら○月○日に契約するよ」という意思表示になるので、申込書提出からできるだけ早い日付で書く方がいいです。

契約まで10日も2週間も空けると、価格交渉に乗ってもらえないこともあります。

3、100万円以内の値下げ交渉が無難

売れ残りや不景気ならいざ知らず、一般的な状況で200万円も300万円も値下げを要求するとその場で断られます。

100万円未満の値下げ交渉は、成功率が高いです。
端数を切ってもらうぐらいなら、ほとんど成功するのではないでしょうか。

ナツダ
たとえば、2,580万円を2,500万円にしてもらうぐらいなら、成功しやすいでしょう。

値下げの代わりに過剰なサービスを要求する方がいますが・・・。
これも、オススメしません。

一般的に、分譲住宅はあまりサービスができません。
なぜなら、業務の効率化によってコストダウンを図っているからです。

ナツダ
とくにパワービルダーは、網戸やカーテン取付などの追加工事を無償で要求したり、間取りや仕様の変更をお願いすると嫌がります。
参考 パワービルダーとは?

「値下げの代わりに何かサービスできる?」って聞くぐらいならいいですが・・・。
売主の反応が悪ければ、ごり押しするのはやめましょう。

そういうことを要求するぐらいなら、値下げ交渉だけしてる方が良い結果になります。

値引き交渉のメリットとデメリット

値引き交渉をすることのメリットとデメリットも解説しておきましょう。

さて、分譲住宅で値引きしてもらうと何かデメリットはあるのでしょうか?
せっかく値引きしてもらっても、悪いことが起こるなら意味がありませんよね。

まずはデメリットについて解説したあと、メリットも詳しくお話しします。

値引交渉するデメリット

分譲住宅の値引きでは、デメリットに注目すべきです。
どういうことかと言うと、ほとんどデメリットがないのです。

これが注文住宅なら「値引き交渉に成功したものの、知らないうちに建材のレベルを下げられてた」ということが起こりえます。

ナツダ
なんせ、契約後に建てていくわけですから。
工事過程で契約金額に合わせて建材を変更されても気づきません。

分譲住宅は既に完成している物件を買います。
だから、いくら値引きしてもらおうが建材を変更される心配がありません。

もし、契約後に建築する分譲住宅だったとしても同じです。
複数棟で同じ仕様を共有しているので、1棟だけ建材を変える方が面倒です。

ポイント

建売住宅は値引交渉するデメリットがほとんどない!

値引交渉をするメリット

建売住宅で値引交渉するメリットは、言うまでもなく「家を安く買える」ということ。
さらに、建売住宅は値引交渉がカンタンにできるのも利点です。

上述したとおり、不動産購入申込書に購入希望価格を書いて提出するだけです。

ポイント

建売住宅は値引交渉が誰でもカンタンにできる!

注文住宅では、営業マンと価格交渉することになります。
営業マンは施主からの値引き希望額を会社に伝え、上司の指示を仰ぎます。

紙に購入希望額を書くのと、口頭で値下げ交渉するのでは難易度が違いますよね。
交渉事が苦手な人にとっては、分譲住宅のようなスタイルがいいですよね!

売れ残り物件はお得!半年経つと大幅値引き?

建売住宅は「値下げ交渉があたりまえ!」ぐらいの気持ちで遠慮なく挑みましょう。

ただし、交渉が成功しやすいのは100万円未満の値下げです。
もっと高額値下げを狙うなら、売れ残り物件がオススメです。

ポイント

建売会社は、できれば更地(何も建っていない土地)の段階で購入予約して欲しいと思っています。(完成するまでには完売してしまいたいという気持ちが強い
 
なぜなら、建売会社はたくさん土地を仕入れて家を量産するために資金を回したいからです。

まだ家が建っていない更地に分譲住宅の看板が出ているのを見たことないですか?

あの状態で購入申込するのと建ったあとで購入申込するのでは、値段が数百万円違うこともあります。

とことん安く買いたい人は、完成直後で売れていない物件を狙うといいですね。

築後半年経った建売住宅は大幅値引きしてもらえる?

ときどき「築後半年経った建売住宅は大幅値引きしてもらえる」と見聞きすることがありますが、これはどういうことなのでしょうか?

これは、不動産取得税が関係しています。

ナツダ
ただし、一般住宅の場合は「築後半年」ではなく「築後1年」です。

じつは、建売住宅は1年間売れ残ると建売業者が取得したものとみなされるのです。
そうすると、取得者にたいして不動産取得税がかかってくるわけです。

「半年」というのは非住宅(店舗や事務所)に適用される期間で、住宅は1年となります。

ポイント

1年以上売れ残り建売業者が取得した住宅はその時点で中古となるので、販売も新築ではなく中古住宅扱いとなります。
 
中古住宅になれば、およそ10%ぐらい価格が下がると言われています。

不動産取得税を払ったうえに販売価格まで下がっては、目も当てられません。
建売業者は、何が何でも1年以内に売りたいわけです。

ただし、1年近くも売れ残る物件は徐々に値下げされているはずです。
やはり、大幅な値引き交渉は難しいでしょう。

それから、売れ残っている物件には売れ残っているなりの理由があるということも念頭に入れておきたいですね。

見落としがち!住宅ローンの借入先をしっかり選ぶ

最後にひとつ、とても重要なことをお話しします。

値引きのことになると家の売買金額だけに意識がいきがちです。
しっかり、住宅ローンにも気を配りましょう。

金利が0.1%上がるだけで、総支払額がかなり増えてしまいます。
なので、金利が高い銀行で借りてしまうと、せっかくの値引きが水のアワです。

  • 借入額3000万円、借入期間35年の例
  • ・金利0.7% → 総返済額33,833,403円
  • ・金利0.8% → 総返済額34,405,447円
  • ・差額 → 572,044円

住宅ローンは、必ず複数の金融機関で審査してもらうことをオススメします。

そのとき「A銀行は0.8%で貸してくれるが、こちらの銀行で0.7%にしてもらえるならオタクで借ります!」ぐらいの交渉はしてみましょう!

交渉が苦手な人には、複数の銀行に審査申し込みできるサービスがおすすめ。
各銀行から提示された金利を比べて、最低金利の銀行を選べばOKです。
参考 住宅ローン一括審査申し込みサービス

ナツダ
大事なことなので、もう一度言いますね。
金利が高い銀行で借りてしまうと、せっかっくの値引が水のアワです。

建売の値引き+金利引き下げの効果

建売の値引きと金利引き下げ、両方うまくいけばかなりの予算削減につながります。

3,980万円の建売購入を例に、値引きや金利で総返済額がどう変わるか表にしてみましょう。

35年間の返済総額

35年ローン 金利0.8% 金利0.7%
購入額3,980万円 45,644,645円 44,885,724円
購入額3,900万円 44,727,916円 43,983,473円

なんと「3,980万円 → 3,900万円」の値引と「0.8% → 0.7%」の金利引き下げに成功した場合、総支払額が166万円以上減ります。

あなたは、166万円稼ぐのに何か月かかりますか?
ここは交渉のしどころだと思いませんか?

ナツダ
ぜひ、値引き交渉と金利引き下げ交渉にチャレンジして欲しいです。
端数の80万円を切ってもらって、金利を0.1%下げてもらうだけでこの効果です。

まとめ

建売住宅を買うとき、意外とカンタンに値引き交渉できます。
不動産購入申込書に購入希望額を書いて提出するだけです。

ナツダ
ただし、値引交渉を成功させるためにはコツが要ります。
しっかりポイントを押さえて、可能な範囲で値下げしてもらいましょう。

また、値引きを最大限に活かすためにも、住宅ローンは「総返済額・手数料・保証料」をシッカリ比較したうえで選ぶことをオススメします。

↓下に挙げたような、アプリを使ってカンタンに審査申し込みできるサービスもあります。
何回も申込書を書かなくて済み便利なので、活用してみてください。

住宅ローン一括審査サービスの申し込みはこちら

住宅ローンの選び方について、もっと深く知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

3,339view
【住宅ローンの選び方】は?【注目すべきポイント】はここ!

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 家を買うときは家選びに気がいきがちですが、そこには大きな落とし穴があります。 どういうことかと言うと・・・。 家選びで疲れ切ってしまい、住宅ローン選びがテキトウ ...

住宅資料請求のコツ、知ってますか?

家の購入予算

知ってますか?
住宅資料請求のコツ

どのタイミングで資料請求?
どこでもらえばいい?
資料の見方は?活用方法は?

資料請求は、モデルハウスやオープンハウスに行く前がおすすめです!
その理由を以下の記事にまとめました。

家を買いたいけど、何から始めていいかわからない!
そんな方に、ぜひ知っていただきたい内容です。

住宅購入の参考にどうぞ。

分譲住宅の資料請求のコツ

厳選!これから家を買う人にオススメのお役立ちサイト

初めから、優しく、初心者に無料でアドバイス

分譲・注文住宅だけでなくマンションもOK!

 何度でも無料で相談できる
 理想の家に出会えるまでサポート
 専門家監修の講座が受講できる

家が欲しいけど、何からしたらわからない」「家づくり、失敗しそうでコワイ」って悩んでませんか?そんなときは「LIFULL HOME'S すまいの窓口」がイチオシです。

店頭窓口で、中立的立場のアドバイザーが無料で解決策を教えてくれます。ただし、店舗があるのは今のところ「東京・神奈川・千葉・埼玉・福岡」と限られた地域のみ。

それ以外の地域では、電話サポート(無料)が受けられます。予約して「家が欲しいんですけど、私いったい何からしたらいいんでしょう?」って聞けば親切的確に教えてくれますよ。

非公開物件の情報がもらえる資料請求サイト

関東で家を探すなら、イチオシのサイトです。

 送られてくる資料が豊富
 非公開物件も探せる
 新築も中古も探せる

東京都神奈川県千葉県埼玉県の物件情報が豊富です。新築も中古も、一戸建もマンションも、ご希望に合わせて資料請求できます。

要望を書く欄がありますので「大手ハウスメーカーの一戸建て」とか「築10年以内の大手ハウスメーカー中古物件」など記入して申し込むことができます。

提案資料が豊富で、大手不動産情報サイトにも載らない非公開物件資料も手に入ります。

注文住宅の豊富な資料が請求できるサイト

大手の建売買うなら注文住宅という選択肢も!

 間取りの要望を叶えやすい
 構造の品質チェックがしやすい
 ただし、建売より手間がかかる

大手ハウスメーカーの建売住宅は、パワービルダーの建売住宅と比べて高価です。その価格帯なら、地域で頑張っている住宅会社や工務店の注文住宅も視野に入ってきます。

注文住宅は手間がかかりますが、希望にかなった理想の住宅が作れます。こちらも資料請求してみて、建売と比較してみてはいかがでしょうか?

人気記事

77,266view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 いざ、「一戸建てを買おう!」と思っても、その高さに気絶しそうになりますよね。 「こんな大金の住宅ローンを組んで、ずっと返していけるんだろうか?」 ・・・みたいな ...

69,276view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 せっかく苦労して高い家を買ったのに、住んでるうちに後悔し始める・・・。 そんなの、絶対避けたいですよね! でも、けっこう多いのです。そういう方々。 あなたは、そ ...

46,959view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 家を購入する年齢は何歳ぐらいが適齢か、考えたことありますか? 家は、何歳までに買わないといけない? 何歳から、買っても大丈夫? 家を買う人の平均年齢や平均年収っ ...

42,564view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 建売住宅を買うとき、どんなことに注意すればいいのでしょうか? 建売住宅には、良い面も悪い面もあります。 だから、良いところを最大限いかして、悪いところのリスクを ...

11,814view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 「家を買いたいけど、何からやったらいいのかわからない!」と言う方。 まず、予算作りと資料請求ですよ。 この記事では「分譲住宅の資料請求」のコツや注意点について解 ...

-建売住宅の基礎知識
-

Copyright© 家を買うなら! , 2018 All Rights Reserved.