家を買うなら!

元注文住宅営業が建売住宅の秘密を徹底解説します

建売住宅の選び方を解説!「買ったあと後悔」を無くすコツ

更新日:

どうも、元住宅営業のナツダです。

今回は、建売住宅の選び方について解説したいと思います。

とくに、選ぶのが苦手だったり買ったあと後悔しやすい人に読んでほしい内容です。

さっそく、説明していきますね。

要望の優先順位を付け最も自分に合った物件を選ぶ

一戸建ての分譲住宅を買うとき、まず肝に銘じてほしいのが「100点満点の家はない」ということです。

じつは「いつまで経っても家が買えない人」が少なからずいます。
そういう人は「他にもっと良い物件が出てくるに違いない!」という青い鳥シンドロームにかかってしまうのです。

そうならないために大事なのが「要望に優先順位を付ける」ことと「○か月以内に、見て回った物件の中から買う!」という姿勢です。

たとえば、以下のように5項目~10項目ぐらい要望をリストアップして、それぞれに点数を付けてみましょう。

優先順位 要望 点数
1 間取り(4LDK) 50点
2 駐車スペース2台分 40点
3 LDKは18帖以上 30点
4 収納スペースが豊富 20点
5 サッシはペアガラス 10点

あなたには、今回建売を買おうと決断した理由があるはずです。
まず、その理由に関する要望を1番目に持ってきましょう。

たとえば「2人の子供の部屋と、親との同居を見越した和室が欲しい」というのが理由なら「4LDK(LDK+和室1+子供部屋2+寝室1)」が優先順位一番になります。

こうして出来上がったリストを持って、複数の分譲住宅を見学して回ります。
そして、一番点数が高かった家を買うのです。

ポイント
要望に優先順位を付けて、見学した家に得点を付けられるようにしておくことで、後からその家の特徴を思い出しやすくなります。

環境をチェックしておく

家を買うときは、環境も大切です。

たとえば、以下のようなことをチェックしておきましょう。

  • ・日当たりや風通し
  • ・前面道路の位置や幅員
  • ・ゴミステーション
  • ・町内会
  • ・スーパー
  • ・学校や病院、公園などの公共施設
  • ・最寄駅
  • ・治安
  • ・河川との高低差
  • ・高圧電線
  • ・嫌悪施設
  • ・ニオイや音
  • ・水はけ

日当たりや風通しは、心身の健康に影響します。
ただし、南向きのLDKが良いとは限りません。
道路から丸見えで、カーテンが閉めっぱなしになっている家もたくさんあります。

また、近くに学校があるのはいいのですが、平日の昼間はうるさいこともあります。
ミニ工場や工務店が近くにある家も、音とニオイに要注意です。

家の前に公園があるので気に入って買ったら、夜な夜な若い子がたむろしている・・・というのも嫌ですね。

公園以外には、広いコインパーキングや月極駐車場もこわいです。
商業地域や工業地域では、とつぜん工場や風俗店が建つこともあります。

環境に関してもチェックリストを作り、見学した物件を採点しておくといいです。

建売会社のアフターメンテナンスも大切

家は完成と同時に老朽化が始まります。
必ず、定期的にメンテナンスが必要ですので、建売会社のアフターサービスも確認しておきましょう。

とくに、住み始めて1年目のチェックと10年目以降のメンテナンスが大切です。

  • 住み始めて1年目のチェック項目
  • ・住宅設備は問題なく機能しているか?
  • ・クロス(壁紙)のはがれやヒビ割れがないか?
  • ・床材が反ったりはがれたりしていないか?
  • ・ドアやサッシの建て付けがゆるんでないか?
  • ・基礎にクラック(ヒビ割れ)がないか?
  • ・雨漏りしていないか?
  • ・排水管につまりがないか?
  • ・床鳴りしていないか?
  • 10年目以降メンテナンスが必要なところ
  • ・外壁や屋根材の塗り直し
  • ・水まわりの交換
  • ・クロスの貼り直し
  • ・給湯器の交換
  • ・白アリ防蟻処理の再施工
  • ・老朽化した部材の交換

建売住宅では、こちらから呼ばないと来てくれない施工会社がほとんどだと思います。
それは仕方ないとして、呼べばちゃんと来てくれるのかシッカリ確認しておきましょう。

施工会社のアフターメンテナンスが頼りないと感じるようなら、どんなに気に入った物件でも大幅減点です。
それほどアフターメンテナンスは大事なのです。

まとめ

建売住宅を選ぶときは、人によって要望が違うのが普通です。
大事なことは、その要望を整理して優先順位を付けておくことです。

優先順位リストにのっとて点数を付けながら物件を見て回ってください。
きっと、100点満点の家がないこと気づくと思います。
そのことに気づけば「高望み」や「買ってから後悔」も少なくなります。

何十年も住む家ですから、多少苦労してもシッカリ納得がいく選択をしましょう。

こちらも、参考にどうぞ。

「建売住宅を購入した結果…後悔」を防ぐオススメの方法3つ

せっかく苦労して高い家を買ったのに、住んでるうちに後悔し始める・・・。 そんなの、絶対避けたいですよね! でも、けっこう多いのです。そういう方々。 あなたは、そうならないように気を付けてください。 と ...

続きを見る

住宅資料請求のコツ、知ってますか?

家の購入予算

知ってますか?
住宅資料請求のコツ

どのタイミングで資料請求?
どこでもらえばいい?
資料の見方は?活用方法は?

資料請求は、モデルハウスやオープンハウスに行く前がおすすめです!
その理由を以下の記事にまとめました。

家を買いたいけど、何から始めていいかわからない!
そんな方に、ぜひ知っていただきたい内容です。

住宅購入の参考にどうぞ。

分譲住宅の資料請求のコツ

厳選!これから家を買う人にオススメのお役立ちサイト

非公開物件の情報がもらえる資料請求サイト

関東で家を探すなら、イチオシのサイトです。

 送られてくる資料が豊富
 非公開物件も探せる
 新築も中古も探せる

東京都神奈川県千葉県埼玉県の物件情報が豊富です。新築も中古も、一戸建もマンションも、ご希望に合わせて資料請求できます。

要望を書く欄がありますので「大手ハウスメーカーの一戸建て」とか「築10年以内の大手ハウスメーカー中古物件」など記入して申し込むことができます。

提案資料が豊富で、大手不動産情報サイトにも載らない非公開物件資料も手に入ります。

注文住宅の豊富な資料が請求できるサイト

大手の建売買うなら注文住宅という選択肢も!

 間取りの要望を叶えやすい
 構造の品質チェックがしやすい
 ただし、建売より手間がかかる

大手ハウスメーカーの建売住宅は、パワービルダーの建売住宅と比べて高価です。その価格帯なら、地域で頑張っている住宅会社や工務店の注文住宅も視野に入ってきます。

注文住宅は手間がかかりますが、希望にかなった理想の住宅が作れます。こちらも資料請求してみて、建売と比較してみてはいかがでしょうか?

住宅ローンの決定版ならこの銀行

超低金利!手厚い団信!そして、高い利便性。

 ネット銀行ならではの超低金利
 種類が豊富で手厚い保障の団信
 お財布代わりに使えて便利

住宅ローンは、まず金利が低い銀行から選ぶのがセオリーです。長年使い続ける銀行になるので、団信の保障内容日常の使いやすさも軽視できません。

じぶん銀行の住宅ローンは「低金利・手厚い団信・使いやすさ」を兼ね備えているので、イチオシです。

au携帯電話やauひかりのユーザーなら、コチラ。auユーザーのみの特典があります。

人気記事

1

いざ、「一戸建てを買おう!」と思っても、その高さに気絶しそうになりますよね。 「こんな大金の住宅ローンを組んで、ずっと返していけるんだろうか?」 ・・・みたいな。 家計や老後のことを考えると「少し、値 ...

2

せっかく苦労して高い家を買ったのに、住んでるうちに後悔し始める・・・。 そんなの、絶対避けたいですよね! でも、けっこう多いのです。そういう方々。 あなたは、そうならないように気を付けてください。 と ...

3

家を購入する年齢は何歳ぐらいが適齢か、考えたことありますか? 家は、何歳までに買わないといけない? 何歳から、買っても大丈夫? 家を買う人の平均年齢や平均年収ってどれぐらい? よくある疑問ですが、私は ...

4

建売住宅を買うとき、どんなことに注意すればいいのでしょうか? 建売住宅には、良い面も悪い面もあります。 だから、良いところを最大限いかして、悪いところのリスクを取り除くことが大事です。 そこで、今回は ...

5

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は、分譲住宅の資料請求について解説したいと思います。 「家を買いたいけど、何からやったらいいのかわからない!」と言う方。 まず、予算作りと資料請求ですよ。 予算と ...

-家購入の予備知識

Copyright© 家を買うなら! , 2018 All Rights Reserved.