家を買うなら!

元注文住宅営業が建売住宅の秘密を徹底解説します

年収300万円の人が一戸建てを買うのに必要な貯金は何円?

更新日:

どうも、元住宅営業のナツダです。

今回は、一戸建てを購入するのに必要な年収と貯金について解説したいと思います。

例として、年収300円あれば家を買えるのかどうか、考えてみます。

では、さっそく説明していきますね。

年収300万円の人は家を買うのに貯金がいくら必要?

家を買うとき、貯金(自己資金)はいくらぐらい必要なのでしょうか?

これは、住宅ローンの借入可能額と関係してきます。

  • ・必要な貯金 =(物件価格 + 諸費用)- 借入可能額

じつは、借入可能額はカンタンに調べられます。
だいたいどこの銀行もホームページにシミュレーターがあります。
それに数字を入力すれば、自動で計算してくれます。

参考 じぶん銀行「住宅ローンシミュレーション」

しかし、いったいどういう計算で借入可能額が決まるのか、一応知っておいた方がいいでしょう。

さっそく、年収300万円だと「住宅ローンをいくら借りられるか?」考えてみましょう。
まず、月々の返済額上限を次の式で計算します。

  • ・月々の返済額上限 = 年収 × 返済負担率 ÷ 12

返済負担率とは「ローン返済額の年収に占める割合」のことです。
つまり、年収の何パーセントをローン返済に使っているかの割合です。

ポイント
「ローン返済額」には住宅ローン以外の借入も全て入れます。
たとえば、カーローンやキャッシング、スマホの割賦販売なども含めます。

この返済負担率は、銀行のローン審査で使われます。
具体的な数字は銀行によって違ううえ、公表されていません。
また、年収のよっても上限が変わるようです。

以下の表は、返済負担率の参考値です。

年収 400万円未満 400万円以上
返済負担率の上限 30% 35%

この参考値で計算すると、年収300万円の人の「月々の返済額上限」は75,000円です。

では、借入可能額を計算しましょう。
式は以下のようになります。

  • ・借入可能額 = 月々の返済額上限 ÷ 100万円あたりの毎月返済額 × 100万円

「100万円あたりの毎月返済額」は金利によって変わります。
ローン審査では審査用の金利が使われ、高い銀行で4%ぐらいです。

ここでは、金利4%(元利均等返済)で計算してみましょう。

返済期間 20年 25年 30年 35年
100万円あたりの毎月返済額 6,059円 5,278円 4,774円 4,427円

では、年収300万円の人が35年借りたとして計算してみましょう。

  • ・借入可能額 = 75,000円 ÷ 4,427円 × 100万円

これを計算すると、16,941,495円です。
これで家を買うのに足りないようなら、貯金が要るということになります。

ちなみに、金融機関によって審査用金利が違います。
年収が低いようなら、審査用金利が低いところを狙うと借入可能額が上がります。
ただし、絶対に無理はいけません。

銀行の住宅ローン審査から見た必要年収

住宅ローン審査では、最低年収を200万円から400万円ぐらいに設定していることが多いようです。

ただし、住宅ローンの審査では年収だけでなく年齢勤務先勤務形態勤続年数団体信用生命保険の加入可否融資額により総合的に判断されます。

住宅ローン審査項目とその要件の例

審査項目 要件
年齢 20歳以上65~69歳ぐらいまで
勤務形態 派遣社員や契約社員、自営業は通りにくい
勤続年数 2~3年以上(自営業も営業年数2~5年以上)
年収 最低年収200万円~400万円以上
団体信用生命保険 加入できる(任意のところもある)

たとえば、いくら年収があっても団体信用生命保険に入れないというだけで融資を断られることもあります。

団体信用生命保険とは?
まんがいち住宅ローンを借りた人が亡くなった場合、保険会社が住宅ローンを完済してくれる保険。
残された家族は、以後の住宅ローン返済をしなくてよくなる。

頭金が2割りないと住宅ローンを貸してくれない?

以前は「物件購入価格の2割は貯金が必要」と言われました。
今でも融資上限を「物件価格の8割」としている住宅ローンがありますが、全額融資を受けることもできます。

バブルの時代は、住宅ローンの金利が5%ぐらいありました。
そういう状況では、融資上限を定めておかないと貸し倒れのリスクが高すぎました。

今は超低金利時代で、貸し倒れリスクも下がり全額融資してくれる銀行がほとんどです。

家を買うとき貯金はまったく要らないのか?

家を買うとき、頭金は必ずしも必要ありません。
今から頭金を貯金するぐらいなら、今すぐ住宅ローンで買った方がいいケースもあります。

こちらの記事で、その例を書きました。
ご参考にどうぞ。

頭金なしフル住宅ローンでも家を早く買う方が有利なパターン

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は、家を購入するときの頭金について解説しようと思います。 よく「家を買うなら頭金が2割り必要」と言われます。 でも、それって本当でしょうか? 考えてみましょう。 ...

続きを見る

さて「頭金は必ずしも必要ない」と書きましたが「自己資金も不要」とは思いません。
少なくとも、3か月分の生活費や諸費用代ぐらいはあった方がいいと思います。

以下に代表的な諸費用をまとめました。

手付金 売買契約時に物件価格の10%程度必要
仲介手数料 売買価格の「3% + 6万円 + 消費税」
印紙代 物件の売買契約と住宅ローンの契約で必要
登録免許税 土地と建物の登記、住宅ローンの登記で必要
司法書士報酬 登記の際に必要
固定資産税清算金 物件代金の決済時に必要
住宅ローン手数料 銀行に払う手数料
住宅ローン保証料 銀行を通して保証会社に払う
火災保険 物件の決済までに準備
引っ越し代金 引っ越しのときに必要
家財購入費 家具、家電、カーテン、エアコンなど

手付金や諸費用を合計していくと・・・。
結局、物件価格の2割ぐらいは自己資金があったほうがいいということですね。

まとめ

一戸建ての家を買うときに必要な年収や貯金は、その人の状況によって違います。
たとえば、年齢や購入物件の価格なども考慮して考えていきます。

住宅ローン破たんしないように安全重視でいくなら、ライフプランニングも実施しましょう。
ライフプランニングについては、こちらを参照してください。

ライフプランとは?骨太の住宅購入予算を作る方法

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は、家を買うときのライフプランについて解説したいと思います。 家を買う前のライフプラン、とってもとってもとっても重要です! 家族を守るために、是非やってから家を買 ...

続きを見る

さらに、金利の影響も大きいです。
金利が0.1%違うだけで、住宅ローンの総返済額が何十万円も変わってきます。

住宅ローンの審査は、複数の銀行に依頼するのが一般的です。
いろいろ比較して、あなたにとって一番有利なところを選びましょう。

参考 住宅ローン一括審査

住宅資料請求のコツ、知ってますか?

家の購入予算

知ってますか?
住宅資料請求のコツ

どのタイミングで資料請求?
どこでもらえばいい?
資料の見方は?活用方法は?

資料請求は、モデルハウスやオープンハウスに行く前がおすすめです!
その理由を以下の記事にまとめました。

家を買いたいけど、何から始めていいかわからない!
そんな方に、ぜひ知っていただきたい内容です。

住宅購入の参考にどうぞ。

分譲住宅の資料請求のコツ

厳選!これから家を買う人にオススメのお役立ちサイト

非公開物件の情報がもらえる資料請求サイト

関東で家を探すなら、イチオシのサイトです。

 送られてくる資料が豊富
 非公開物件も探せる
 新築も中古も探せる

東京都神奈川県千葉県埼玉県の物件情報が豊富です。新築も中古も、一戸建もマンションも、ご希望に合わせて資料請求できます。

要望を書く欄がありますので「大手ハウスメーカーの一戸建て」とか「築10年以内の大手ハウスメーカー中古物件」など記入して申し込むことができます。

提案資料が豊富で、大手不動産情報サイトにも載らない非公開物件資料も手に入ります。

注文住宅の豊富な資料が請求できるサイト

大手の建売買うなら注文住宅という選択肢も!

 間取りの要望を叶えやすい
 構造の品質チェックがしやすい
 ただし、建売より手間がかかる

大手ハウスメーカーの建売住宅は、パワービルダーの建売住宅と比べて高価です。その価格帯なら、地域で頑張っている住宅会社や工務店の注文住宅も視野に入ってきます。

注文住宅は手間がかかりますが、希望にかなった理想の住宅が作れます。こちらも資料請求してみて、建売と比較してみてはいかがでしょうか?

住宅ローンの決定版ならこの銀行

超低金利!手厚い団信!そして、高い利便性。

 ネット銀行ならではの超低金利
 種類が豊富で手厚い保障の団信
 お財布代わりに使えて便利

住宅ローンは、まず金利が低い銀行から選ぶのがセオリーです。長年使い続ける銀行になるので、団信の保障内容日常の使いやすさも軽視できません。

じぶん銀行の住宅ローンは「低金利・手厚い団信・使いやすさ」を兼ね備えているので、イチオシです。

au携帯電話やauひかりのユーザーなら、コチラ。auユーザーのみの特典があります。

人気記事

1

いざ、「一戸建てを買おう!」と思っても、その高さに気絶しそうになりますよね。 「こんな大金の住宅ローンを組んで、ずっと返していけるんだろうか?」 ・・・みたいな。 家計や老後のことを考えると「少し、値 ...

2

せっかく苦労して高い家を買ったのに、住んでるうちに後悔し始める・・・。 そんなの、絶対避けたいですよね! でも、けっこう多いのです。そういう方々。 あなたは、そうならないように気を付けてください。 と ...

3

家を購入する年齢は何歳ぐらいが適齢か、考えたことありますか? 家は、何歳までに買わないといけない? 何歳から、買っても大丈夫? 家を買う人の平均年齢や平均年収ってどれぐらい? よくある疑問ですが、私は ...

4

建売住宅を買うとき、どんなことに注意すればいいのでしょうか? 建売住宅には、良い面も悪い面もあります。 だから、良いところを最大限いかして、悪いところのリスクを取り除くことが大事です。 そこで、今回は ...

5

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は、分譲住宅の資料請求について解説したいと思います。 「家を買いたいけど、何からやったらいいのかわからない!」と言う方。 まず、予算作りと資料請求ですよ。 予算と ...

-お金の話

Copyright© 家を買うなら! , 2018 All Rights Reserved.