家を買うなら!

元注文住宅営業が建売住宅の秘密を徹底解説します

家を購入する年齢は何歳が適齢?30代から40代が有利な理由

更新日:

どうも、元住宅営業のナツダです。

今回は、家を購入する年齢は何歳ぐらいがいいのか考えてみたいと思います。

家を買う人の平均年齢や平均年収って気になりますよね?
その辺をふまえて、家の買い時について解説します。

それでは、さっそくいってみましょう。

家を購入する人の平均年齢は?

さて、みんな実際に何歳ぐらいで家を買っているのでしょうか?

初めて家を買う人のことを一次取得者といいます。
買い替えの人は、二次取得者ですね。

国土交通省では、この一次取得や二次取得に関して統計調査データを公表しています。

参考 国交省「平成26年度住宅市場動向調査について」(PDF)

上の資料によると、建売住宅(分譲住宅)を購入した世帯主年齢は以下のような構成になっています。

30歳未満 7.8%
30歳代 49.1%
40歳代 31.1%
50歳代 7.8%
60歳以上 4.2%

圧倒的に30歳代と40歳代が多いですね。この世代で、全体の8割を占めます。

ちなみに、平均年齢は以下のようになっています。

  • 住宅取得世帯主の平均年齢(平成26年度)
  • ・分譲戸建住宅 → 39.4歳
  • ・分譲マンション → 43.3歳

30代~40代というと、子供が成長して「賃貸マンションでは手狭だな。引っ越ししたいな」と考え始める年齢です。

「広いマンションに引っ越して高い家賃を払うぐらいなら、家を買って住宅ローンを払うほうがいい」と思うのかもしれないですね。

実際、3,000万円の住宅ローンを組んでも、金利1%で35年返済にできるなら月々の返済額は84,685円です。
修繕積立として月々1万円貯金したとしても、住居費の合計は94,685円。

ファミリーマンションの家賃で月々10万円払うぐらいなら、資産として残る家を買った方が断然お得です。

家を購入する人の平均年収は?

さて、家を買う人は30代から40代が多いとわかりました。

では、年収はどうでしょうか?

住宅市場動向調査では、分譲住宅を購入した人の世帯年収(税込)は以下のようになっています。

400万円未満 5.1%
400万円~600万円未満 34.5%
600万円~800万円未満 28.7%
800万円~1,000万円未満 13.0%
1,000万円~1,200万円未満 5.5%
1,200万円以上 4.0%
無回答 9.2%

世帯年収400万円~600万円の家庭が、もっとも分譲住宅を購入しているようです。
世帯主が30代~40代のご家庭とマッチする結果ではないでしょうか。

ここでひとつ大事なポイントは、家を買ってもいいかどうかは年収だけでは決まらないということです。

かならず「年齢年収購入価格」のバランスをチェックする必要があります。
チェックはファイナンシャルプランナー(FP)にやってもらうといいです。

ポイント
相談無料のFPを探すなら、ここがカンタンです。
参考 FP検索サイト「FPのチカラ」
詳細検索からライフステージの項目で「住宅購入」を指定すると、住宅ローンの相談に強いFPを検索することができます。
相談が無料の理由は、保険契約が成立した場合にFPは保険会社から手数料を受け取れるからです。
もちろん、相談したからといって保険契約の義務はありません。
Q&Aにも明記されていますので、安心です。

30代~40代という年齢は家の買い時なのか?

さて、国交省の統計資料では30代~40代で家を購入する人が多いとわかりました。
では、それぐらいの年齢が適しているのでしょうか?

30代~40代が家の買い時かどうか、考えてみましょう。

まず、基本的に住宅ローンは借りられる年齢制限と最大融資年数があります。
これは、金融機関によって違いますが、たとえば以下のような感じです。

融資可能年齢 20歳以上~66歳未満
最大融資年数 最長35年(完済時年齢76歳未満)

つまり、40歳までに住宅ローンを借りれば35年返済にできるが、41歳以上はだんだん最長融資期間が短くなるということです。

住宅ローンは、返済期間を長めにとる方が月々の返済額を下げられます。
つまり、若いうちに住宅ローンを借りた方が、無理なく安全に返済していけるということですね。

  • 3,000万円、金利1%、35年返済の場合
  • ・月々の返済額 → 84,685円
  • ・総返済額 → 35,567,804円
  • 3,000万円、金利1%、30年返済の場合
  • ・月々の返済額 → 96,491円
  • ・総返済額 → 34,736,908円

ちなみに、返済期間が短い方が総返済額は少なくなります。
上の例では、約83万円も総支払額が減ります。

だからと言って、40歳の人が「今35年ローンを組むより、5年後に30年ローンを組もうか?」と悩むのは要注意です。

住宅購入が遅れるとその期間分の住居費が要ることを忘れてはいけません。
たとえば、家賃5万円のマンションであっても5年暮らせば300万円かかるのです。

私は、35年ローンを組めるうちに賃貸マンションを出て家を買うのは良い選択だと思います。
そういう意味で、30代~40代は家の買い時だと考えます。

家を買うとき頭金は必ずしも要らない

さて、住宅ローンのことを考えると「30代~40代は家の買い時」と書きました。
しかし、若い人はまだまだ貯金が少なく住宅ローンが高額になり過ぎて家計を圧迫しないか心配ですよね。

では、どれぐらい自己資金を準備してから家を買えばいいのでしょうか?

私は、諸費用の分ぐらいは自己資金を準備した方がいいと考えています。

建売購入にかかる諸費用の例

  • 仲介手数料
  • 契約書に貼る印紙代
  • 固定資産税等の清算金
  • 登記費用
  • 住宅ローン保証料
  • 引っ越し代
  • 家財(家具や家電など)
  • 火災保険

諸費用の中には、住宅ローンに組み込めないものがあります。

組み込めるものでも、自己資金から払うことで住宅ローンの総返済額を大幅に減らすことができます。

建売購入にかかる諸費用については、こちらで詳しく解説していますので参考にしてください。

家(建売住宅)を購入する時に必要な諸費用15項目のリスト

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は、家を購入するときに必要な諸費用について解説したいと思います。 家を買うときにどんな諸費用が必要か検討もつかない方。 家を買う前に把握しておきましょう。 この記 ...

続きを見る

一方、頭金に関しては必ずしも必要ではありません。

建売購入の頭金とは?
建売を買う場合の頭金とは、家の代金のうち住宅ローンを使わずに自分で用意するお金のことです。私の経験では、親の援助で支払う方が多いように思います。

頭金

今は史上最低金利を更新中です。
「5年間ぐらい頭金を貯めてから・・・」と考えるより、住居費を考えると頭金なしのフルローンで今すぐ買った方が有利になることもあります。

まとめ

分譲住宅購入者の年齢は、30歳代が圧倒的に多く全体の半数を占めます(平均39.4歳)。
子供の成長にともない、それぐらいの年齢で購入時期がやってくるのでしょう。

とはいえ、若い世代は貯蓄額も少ないので、無理な住宅ローン返済計画にならにように注意も必要です。

「頭金を貯めてからでないと家を買ってはいけない」ということはないので、しっかり資金計画を立ててみましょう。

住宅資料請求のコツ、知ってますか?

家の購入予算

知ってますか?
住宅資料請求のコツ

どのタイミングで資料請求?
どこでもらえばいい?
資料の見方は?活用方法は?

資料請求は、モデルハウスやオープンハウスに行く前がおすすめです!
その理由を以下の記事にまとめました。

家を買いたいけど、何から始めていいかわからない!
そんな方は、ぜひ参考にしていただきたい内容です。

住宅購入の参考にどうぞ。

分譲住宅の資料請求のコツ

厳選!これから家を買う人にオススメのお役立ちサイト

非公開物件の情報がもらえる資料請求サイト

関東で家を探すなら、イチオシのサイトです。

 送られてくる資料が豊富
 非公開物件も探せる
 新築も中古も探せる

東京都神奈川県千葉県埼玉県の物件情報が豊富です。新築も中古も、一戸建もマンションも、ご希望に合わせて資料請求できます。

要望を書く欄がありますので「大手ハウスメーカーの一戸建て」とか「築10年以内の大手ハウスメーカー中古物件」など記入して申し込むことができます。

提案資料が豊富で、大手不動産情報サイトにも載らない非公開物件資料も手に入ります。

注文住宅の豊富な資料が請求できるサイト

大手の建売買うなら注文住宅という選択肢も!

 間取りの要望を叶えやすい
 構造の品質チェックがしやすい
 ただし、建売より手間がかかる

大手ハウスメーカーの建売住宅は、パワービルダーの建売住宅と比べて高価です。その価格帯なら、地域で頑張っている住宅会社や工務店の注文住宅も視野に入ってきます。

注文住宅は手間がかかりますが、希望にかなった理想の住宅が作れます。こちらも資料請求してみて、建売と比較してみてはいかがでしょうか?

一番金利が低い住宅ローンを選べるサイト

住宅ローン

金利が0.1%違うだけで数十万円も返済が減るんです!

 簡単に複数ローン審査申し込み
 複数銀行の金利を比べて選べる
 住宅ローン総返済額が激減

3000万円を30年ローンで借りたとき、金利1.0%と0.9%で返済額がいくら違うか知ってますか?答えは、49万円です。金利を比較して、借入先を選びましょう。

住宅ローンは、できるだけ金利が低いところで借りることが大切。せっかく、値段交渉して安く買っても、高い金利で借り入れたら交渉努力が水の泡ですよ。

人気記事

1

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は建売住宅の値引きについて、交渉のコツやタイミングを解説したいと思います。 とくに「値引き交渉は苦手だなぁ・・・」と感じている方。 ぜひ、読んでいただきたい内容で ...

» 続きを読む
2

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は「建売を買って後悔しないためのポイント」を解説してみたいと思います。 「優柔不断で、良い家を買えるか自信がない」と思う方。 ぜひ、読んでもらいたい内容です。 こ ...

» 続きを読む
3

どうも、元住宅営業のナツダです。 建売住宅は、良い面も悪い面もあります。 だから、良いところを最大限いかして、悪いところのリスクを取り除くことが大事です。 そこで、今回は建売住宅を買うときの注意点を3 ...

» 続きを読む
4

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は、家を購入する年齢は何歳ぐらいがいいのか考えてみたいと思います。 家を買う人の平均年齢や平均年収って気になりますよね? その辺をふまえて、家の買い時について解説 ...

» 続きを読む
5

どうも、元住宅営業のナツダです。 今回は、分譲住宅の資料請求について解説したいと思います。 「家を買いたいけど、何からやったらいいのかわからない!」と言う方。 まず、予算作りと資料請求ですよ。 予算と ...

» 続きを読む

-スケジュールの話

Copyright© 家を買うなら! , 2017 AllRights Reserved.