家を買うなら!

元住宅営業が住宅購入のノウハウを徹底解説します

【住宅ローン】年収300万円、400万円、500万円の融資上限額の目安

投稿日:

住宅ローンは年収がどれぐらいあったら借りられるか、知ってますか?
200万円でも借りられる?300万円ならどう?

いくら収入があっても、自分が融資して欲しい金額まで貸してもらえるか不安ですよね。
じつは、住宅ローンの上限融資額はほぼ年収で決まってしまいます。

今回は、住宅ローンの上限融資額について年収別の表を作りました。
自分がどれぐらい借りられそうか、目安にしてみてください。

では、さっそく説明していきますね。

年収別、住宅ローンの融資上限額の目安

銀行に住宅ローンを申し込むと、審査があります。
あなたの信用力に問題がなければ承認されますが、希望額から減額されることも。

住宅ローン融資額の上限は、ほぼ年収で決まります。
(この場合の「年収」は税込み年収であり、手取りではありません)

ナツダ
なお、歩合給で確定申告している方は、収入から経緯を引いた「所得」で年収判定します。

ということで、さっそく年収別に融資上限額を試算してみましょう。

年収が300万円、400万円、500万円と上がると融資上限がどうかわる?

融資上限額は、年収に比例して上がっていきます。
とくに、返済比率が上がると大きく増えます。

さっそく、その一例を表にしてみましょう。

年収 審査金利 返済比率 融資上限額
200万円 4% 25% 941万円
300万円 30% 1,693万円
400万円 35% 2,634万円
500万円 3,293万円
600万円 3,952万円
700万円 4,611万円
800万円 5,269万円
900万円 5,928万円
1,000万円 6,587万円

上の表は、審査金利4%。返済期間35年。
返済比率は、以下の数字で計算しています。

返済比率の例

  • 年収250万円未満 ⇒ 25%
  • 年収250万円~400万円 ⇒ 30%
  • 年収400万円以上 ⇒ 35%

ねんのため申し上げますが、審査金利や返済比率は金融機関ごとに違います。
表の融資上限額は、あくまで目安と考えて下さい。

ナツダ
上記の条件であれば、およそ年収の6倍が融資上限の目安になります。
6倍より多い融資希望額なら、それなりに危機意識を持ちましょう。

いちおう「審査金利」と「返済比率」の意味を説明しておきましょう。

審査金利とは?
住宅ローンの審査に使う金利のこと。実際の融資金利より厳しい数字になっている。
たとえば最近は変動金利なら1%を切るが、審査金利は3%~4%ぐらいに設定している金融機関が多い。

なお、審査金利は変動金利型を選ぼうが固定金利型を選ぼうが変わりません。
「変動金利型の方がイッパイ借りられる」といことはないので、覚えておきましょう。

返済比率とは?
年間ローン返済額が、年収に占める割合のこと。年収400万円の人が年間120万円返済しているなら、返済比率は30%。
この場合の返済額には、住宅ローンだけでなくカーローンやカードローンなど全てのローンを含める。

ということで、もしカーローンやカードローンの返済中なら、住宅ローンの融資上限額は減額されます。

ちなみに、実行金利なみに低い審査金利を使う金融機関もあります。
その場合は融資上限額が上がりますが、金利上昇局面で破たんしやすい融資になります。

金利上昇と同時に景気も良くなればいいのですが・・・。
高めの審査金利は「多少金利が上昇しても破たんしにくい」という利点があるのです。

住宅ローン審査で見られるのは年収だけじゃない!勤務歴も大事

住宅ローンの審査では、年収以外のものもチェックされます。
とくに、以下の2つは重要視されます。

  1. 勤務先の規模
  2. 勤続年数

上述の2点は、収入が安定しているかどうかチェックするために重要視しています。
じつは「企業規模と返済の延滞には相関関係がある」ことがわかっています。

転職するとどうなる?

さて、転職している人はどのような判定になるのでしょうか?
ステップアップ転職というのもあり、一概に「転職=不利」とは言えなさそうです。

じつは、収入や勤務先、勤続年数の査定方法は2種類あります。

  1. 要綱(ようこう)審査
  2. リスク計量化モデル審査

要綱審査」とは、住宅ローン要綱にそって審査する方法です。
要綱に「勤続2年以上」と書かれていたら、勤続2年未満の人は「否認」となります。

いっぽう、最近増えてきている「リスク計量化モデル審査」は、要綱の各項を加点減点しながら審査していきます。

ナツダ
「勤続1年は減点だけど、一部上場企業への転職は加点」といった具合です。
医師や弁護士など、有力国家資格も評価されます。

この審査方法を採用している金融機関なら、勤続年数が短くても年収が上がっていると「承認」されやすくなります。

とはいえ、あまりにも転職回数が多いと評価が下がることもあります。

住宅資料請求のコツ、知ってますか?

家の購入予算

知ってますか?
住宅資料請求のコツ

どのタイミングで資料請求?
どこでもらえばいい?
資料の見方は?活用方法は?

資料請求は、モデルハウスやオープンハウスに行く前がおすすめです!
その理由を以下の記事にまとめました。

家を買いたいけど、何から始めていいかわからない!
そんな方に、ぜひ知っていただきたい内容です。

住宅購入の参考にどうぞ。

分譲住宅の資料請求のコツ

厳選!これから家を買う人にオススメのお役立ちサイト

初めから、優しく、初心者に無料でアドバイス

分譲・注文住宅だけでなくマンションもOK!

 何度でも無料で相談できる
 理想の家に出会えるまでサポート
 専門家監修の講座が受講できる

家が欲しいけど、何からしたらわからない」「家づくり、失敗しそうでコワイ」って悩んでませんか?そんなときは「LIFULL HOME'S すまいの窓口」がイチオシです。

店頭窓口で、中立的立場のアドバイザーが無料で解決策を教えてくれます。ただし、店舗があるのは今のところ「東京・神奈川・千葉・埼玉・福岡」と限られた地域のみ。

それ以外の地域では、電話サポート(無料)が受けられます。予約して「家が欲しいんですけど、私いったい何からしたらいいんでしょう?」って聞けば親切的確に教えてくれますよ。

非公開物件の情報がもらえる資料請求サイト

関東で家を探すなら、イチオシのサイトです。

 送られてくる資料が豊富
 非公開物件も探せる
 新築も中古も探せる

東京都神奈川県千葉県埼玉県の物件情報が豊富です。新築も中古も、一戸建もマンションも、ご希望に合わせて資料請求できます。

要望を書く欄がありますので「大手ハウスメーカーの一戸建て」とか「築10年以内の大手ハウスメーカー中古物件」など記入して申し込むことができます。

提案資料が豊富で、大手不動産情報サイトにも載らない非公開物件資料も手に入ります。

注文住宅の豊富な資料が請求できるサイト

大手の建売買うなら注文住宅という選択肢も!

 間取りの要望を叶えやすい
 構造の品質チェックがしやすい
 ただし、建売より手間がかかる

大手ハウスメーカーの建売住宅は、パワービルダーの建売住宅と比べて高価です。その価格帯なら、地域で頑張っている住宅会社や工務店の注文住宅も視野に入ってきます。

注文住宅は手間がかかりますが、希望にかなった理想の住宅が作れます。こちらも資料請求してみて、建売と比較してみてはいかがでしょうか?

人気記事

81,573view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 いざ、「一戸建てを買おう!」と思っても、その高さに気絶しそうになりますよね。 「こんな大金の住宅ローンを組んで、ずっと返していけるんだろうか?」 ・・・みたいな ...

75,051view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 せっかく苦労して高い家を買ったのに、住んでるうちに後悔し始める・・・。 そんなの、絶対避けたいですよね! でも、けっこう多いのです。そういう方々。 あなたは、そ ...

50,867view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 家を購入する年齢は何歳ぐらいが適齢か、考えたことありますか? 家は、何歳までに買わないといけない? 何歳から、買っても大丈夫? 家を買う人の平均年齢や平均年収っ ...

45,598view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 家を買うのって、かなり難しいですよね。 どんなところに注意したらいいのでしょう? 今回はステージ別に「建売住宅を買うときの注意点」をあげてみたいと思います。 最 ...

12,776view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 住宅会社や不動産屋の営業マンと話をするとき、大切なことを聞き逃す方がいます。 その一番の原因は、利き手の知識不足。何を聞けばいいのか、わからないのです。 それを ...

-住宅ローンの予備知識

Copyright© 家を買うなら! , 2018 All Rights Reserved.