家を買うなら!

元住宅営業が住宅購入のノウハウを徹底解説します

住宅ローンの「親子リレー」のメリット&親子ペアローンとの違い

投稿日:

住宅ローンには「親子リレー」というのがあります。
親が高齢の場合によく利用される方法ですが、いったいどんな住宅ローンなのでしょう。

もうひとつ「親子ペアローン」というのもあります。
「親子リレー」と「親子ペア」の違いはなんでしょう?

今回は、親子リレーローンについて、メリットやデメリットもふくめ詳しく解説します。

ではさっそく、説明していきますね。

住宅ローンの「親子リレーローン」とは?

さっそく、住宅ローンの「親子リレーローン」について解説していきます。
まず、親子リレーローンの概要から。

ナツダ
そもそも、どういう状況の人が利用するローンなのでしょう?

このローン形態は、ざっくり言うと収入合算するためにあります。
さて「収入合算」とは、なんでしょうか?

収入合算
住宅ローンの借主個人の収入だけでは希望額の融資が受けられないとき、別の人の収入を合算することで融資額上限を上げる方法。
収入合算する相手は、配偶者や親子が考えられる。

住宅ローンは、完済時年齢に制限があります。
必然的に高齢であればあるほど返済期間が短くなるので、融資上限額が低くなります。

そうなると、借主(親)単独で希望の融資額に足りない場合も出てきます。
そんなときは、子供が返済を引き継ぐことで返済期間を延ばせます。

その結果、親だけだと20年しか借りられなかった住宅ローンが35年返済になったりします。
このように親から子に引き継ぐ形で収入合算する方法を「親子リレーローン」と言います。

なお、夫婦の収入合算については以下の記事で詳しく説明しています。

4view
no image
住宅ローン【連帯保証人・連帯債務・ペアローン】の違い&離婚問題

住宅ローンは保証人は要りません。 なぜなら、保証会社は保証人になってくれるからです。 ですが、夫が住宅ローンを組んで妻が連帯保証人になるケースがあります。 これは、どういうことでしょうか? 住宅ローン ...

親子リレーローン詳細について、もう少し説明しておきます。

申し込み可能な人

原則は、同居の親子。

収入合算可能な収入額

親子による収入合算では、合算できる金額に上限がある場合があります。
たとえば「主債務者(親)の収入の80%まで」とか「50%まで」といった感じです。

この条件は金融機関によって違うので、金融機関ごとに確認しておきましょう。

合算者(子)の収入が主債務者(親)より多い場合は、100%以上に加味してもらえるケースもあります。

収入合算者の審査

親子リレーローンについては、合算者(子)についても主債務者(親)と同様の住宅ローン審査があります。

ですので、合算者についても勤務先や勤続年数、信用力などチェックされます。
パートやアルバイト、派遣社員といった勤務形態は審査に影響します。

審査項目については、こちらで詳しく解説しています。

29view
no image
住宅ローンとは?これ読めばOK!住宅ローンのわかりやすい解説

初めて住宅を買う人にとって、けっこう難関なのが住宅ローンです。 一生で一番大きな借金になるのに、概要が難しくイマイチわからないですよね。 銀行からチラシをもらってみても、凄い小さい字の専門用語がビッシ ...

借入期間

親の年齢に関しては、申し込み可能年齢であるかどうかが重要です。
一般的な住宅ローンでは「70歳まで」までとなっているものが多いです。

子供の年齢は、返済期間に影響します。
子が44歳以下なら、35年ローンを組むことも可能です。

団体信用生命保険

団体信用生命保険の扱いは、金融機関ごとに違います。
たとえば、こんなパターンがあります。

  • 返済開始から全額子供が被保険者
  • 親が70歳になるまでは全額親が被保険者
  • 親が70歳になるまで親子50%ずつ被保険者

いずれの場合でも、親が70歳になると残債の全額に対して子供が被保険者になるようです。

詳細は、金融機関で確認してみてください。

親子リレー住宅ローンのメリットとデメリット

親子リレーローンのメリットとデメリットについても、解説しておきますね。

ずっと先にトラブルが起こるケースもあるので、しっかり検討しておいてください。

親子リレー住宅ローンのメリット

住宅ローンの「親子リレーローン」は、以下のようなメリットがあります。

  1. 返済期間を延ばせる
  2. 高額融資が受けられる

親子リレー住宅ローンのメリットは、この2つが大きいです。

返済期間は子供の年齢によるので、高齢の親単独に比べて長期間融資が受けられます。
長期間融資が受けられるということは、融資上限額も上がるということです。

「このメリットを受けるために、親子リレーローンにする」と言えるでしょう。

親子リレー住宅ローンのデメリット

住宅ローンの「親子リレーローン」は、以下のようなデメリットがあります。

  1. 親子でトラブルが起こったときに困る
  2. 相続のときに困る

まんがいち、親子で仲たがいするほどのトラブルが起こると・・・。
子供はものすごい嫌な思いをしながら、ローンの返済をしていくことになります。

ナツダ
二世帯住宅で済み始めたけど、価値観の違いでケンカに・・・。
というのは、避けたいところです。

また、親子が返済額に応じて所有権の「持ち分」を持つため、子に兄弟がいるとトラブルになることも。

親の持ち分を兄弟で分けて相続するとき、家を売って現金化せざるを得なくなるかもしれません。

いちおう、実行前にザックリ将来を想像しておくほうがいいですね。

住宅ローンの「親子ペアローン」との違い

さて、親子で収入合算する方法は「親子リレーローン」意外にもうひとつあります。
それが何かというと「親子ペアローン」です。

親子で収入合算できる住宅ローン

  1. 親子リレーローン
  2. 親子ペアローン

親子ペアローンと親子リレーローンの最大の違いは、ローン契約の数です。
リレーローンでは1つの契約を親子で引き継ぎますが、ペアローンは親子それぞれが単独でローン契約します。

ようするに、ペアローンは親も子もすぐに返済が始まるということです。
返済期間は「親が20年で子供が35年」といった具合に異なるケースもあり得ます。

違いを表にしてみましょう。

項目 親子リレーローン 親子ペアローン
ローン契約 1本 2本
債務者 親(子は連帯債務者) 親と子
ローン控除 控除期間の返済者のみ 親と子
団信 金融機関による 親と子
所有権持ち分 親子それぞれの返済額に応じて設定
返済期間 子供の年齢による 親子それぞれで判定

なお、ペアローンは原則親子や夫婦に限られます。
ただし、条件しだいでは兄弟や姉妹で組める金融機関もあります。

取り扱い金融機関が少ないですが、他に身寄りがない場合は相談してみましょう。

住宅資料請求のコツ、知ってますか?

家の購入予算

知ってますか?
住宅資料請求のコツ

どのタイミングで資料請求?
どこでもらえばいい?
資料の見方は?活用方法は?

資料請求は、モデルハウスやオープンハウスに行く前がおすすめです!
その理由を以下の記事にまとめました。

家を買いたいけど、何から始めていいかわからない!
そんな方に、ぜひ知っていただきたい内容です。

住宅購入の参考にどうぞ。

分譲住宅の資料請求のコツ

厳選!これから家を買う人にオススメのお役立ちサイト

初めから、優しく、初心者に無料でアドバイス

分譲・注文住宅だけでなくマンションもOK!

 何度でも無料で相談できる
 理想の家に出会えるまでサポート
 専門家監修の講座が受講できる

家が欲しいけど、何からしたらわからない」「家づくり、失敗しそうでコワイ」って悩んでませんか?そんなときは「LIFULL HOME'S すまいの窓口」がイチオシです。

店頭窓口で、中立的立場のアドバイザーが無料で解決策を教えてくれます。ただし、店舗があるのは今のところ「東京・神奈川・千葉・埼玉・福岡」と限られた地域のみ。

それ以外の地域では、電話サポート(無料)が受けられます。予約して「家が欲しいんですけど、私いったい何からしたらいいんでしょう?」って聞けば親切的確に教えてくれますよ。

非公開物件の情報がもらえる資料請求サイト

関東で家を探すなら、イチオシのサイトです。

 送られてくる資料が豊富
 非公開物件も探せる
 新築も中古も探せる

東京都神奈川県千葉県埼玉県の物件情報が豊富です。新築も中古も、一戸建もマンションも、ご希望に合わせて資料請求できます。

要望を書く欄がありますので「大手ハウスメーカーの一戸建て」とか「築10年以内の大手ハウスメーカー中古物件」など記入して申し込むことができます。

提案資料が豊富で、大手不動産情報サイトにも載らない非公開物件資料も手に入ります。

注文住宅の豊富な資料が請求できるサイト

大手の建売買うなら注文住宅という選択肢も!

 間取りの要望を叶えやすい
 構造の品質チェックがしやすい
 ただし、建売より手間がかかる

大手ハウスメーカーの建売住宅は、パワービルダーの建売住宅と比べて高価です。その価格帯なら、地域で頑張っている住宅会社や工務店の注文住宅も視野に入ってきます。

注文住宅は手間がかかりますが、希望にかなった理想の住宅が作れます。こちらも資料請求してみて、建売と比較してみてはいかがでしょうか?

人気記事

80,512view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 いざ、「一戸建てを買おう!」と思っても、その高さに気絶しそうになりますよね。 「こんな大金の住宅ローンを組んで、ずっと返していけるんだろうか?」 ・・・みたいな ...

73,321view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 せっかく苦労して高い家を買ったのに、住んでるうちに後悔し始める・・・。 そんなの、絶対避けたいですよね! でも、けっこう多いのです。そういう方々。 あなたは、そ ...

49,209view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 家を購入する年齢は何歳ぐらいが適齢か、考えたことありますか? 家は、何歳までに買わないといけない? 何歳から、買っても大丈夫? 家を買う人の平均年齢や平均年収っ ...

44,587view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 建売住宅を買うとき、どんなことに注意すればいいのでしょうか? 建売住宅には、良い面も悪い面もあります。 だから、良いところを最大限いかして、悪いところのリスクを ...

12,552view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 「家を買いたいけど、何からやったらいいのかわからない!」と言う方。 まず、予算作りと資料請求ですよ。 この記事では「分譲住宅の資料請求」のコツや注意点について解 ...

-住宅ローンの基礎知識

Copyright© 家を買うなら! , 2018 All Rights Reserved.