家を買うなら!

元住宅営業が住宅購入のノウハウを徹底解説します

ライフプランとは?骨太の住宅購入予算を作る方法

更新日:

ナツダ
どうも、元住宅営業のナツダです。

今回は、家を買うときのライフプランについて解説したいと思います。

家を買う前のライフプラン、とってもとってもとっても重要です!
家族を守るために、是非やってから家を買ってください。

では、さっそく説明していきます。

ライフプランとは?

まず、ライフプランがどういうものなのか確認しておきましょう。

ライフプランとは、人生設計のこと。

語感としては、人生設計が、職業、結婚観、生きがい、居住地など個人の充足感に主眼をおいた設計であるのに対し、ライフプランは、主に金銭面からの生活設計を指すことが多い。

ウィキペディア「ライフプラン」より

人生には、いろいろお金のかかるイベントがあります。
その中でも最大の出費が住宅購入です。

ですから、住宅購入が将来の家計にどのような影響を及ぼすのか、ちゃんと「見える化」しておくことがとても大切なのです。

その「見える化」する作業のことをライフプランニングと呼びます。

ライフプランで「見える化」できること

  • 家を買っても大丈夫か?
  • いくらまで住宅ローンを組んでも大丈夫か?
  • 将来、いつ資金の備えが必要か?

ライフプランニングの流れ

さて、ライフプランニングでは、どのように「見える化」を進めていくのでしょうか?

カンタンに流れを解説します。

ライフプランニングの流れ

  1. 家族構成や現状の家計、将来の家計を時系列で整理していく
  2. 今後のライフイベントや実現したい夢を洗い出す
  3. 将来の家計の収支をシミュレーションする
  4. シミュレーションの結果が良くないときは改善策を考える
  5. まんがいちの事態(病気や死亡など)の備えを検討する

ライフプランでは、まず現在の家計を把握するところから始まります。
この作業は、家計簿をつけている人ほどカンタンに終わります。

次に将来起こるライフイベント(退職や子供の結婚など)や実現したい夢(旅行や車購入など)を洗い出し、金融資産残高の変化をシミュレーションしていくのです。

金融資産残高

最後に、シミュレーションの結果が良くないときは改善策を考えます。
世帯主にもしもの事態があったときのフォロー方法も検討していきます。

なぜ、家を買うときライフプランニングが必要なのか?

私は、自分が担当したお施主様全員にライフプランニングをおすすめしてきました。
私自身も2回実施しています。

それぐらい、家を買うときはライフプランニングをするべきだと考えています。

ちなみに、私のライフプランニング体験談はこちらです。
参考に、どうぞ。

1,850view
相談無料のライフプランを上手く活用した私の体験談

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 あなたは「いくらぐらいなら住宅ローンを組んでも安全かな?」と悩んでませんか。 じつは、ライフプランニングという手法で家を買った後の家計の推移を可視化することがで ...

では、ライフプランをすることでどんなメリットがあるのでしょうか?

ライフプランのメリット

  • 家を買うことで将来家計が赤字になるか予測できる
  • 将来の家計が弱る時期に備えて適切な準備ができる
  • 現状の家計の無駄がハッキリわかるので改善できる

ライフプランニングをうまく活用すると、どれぐらいの金額まで新居購入に使っていいか予算を立てることができます。

逆に、ライフプランニングなしでは、家計が破たんしないか不安で家を買えません。

今、家を買うと・・・

もちろん、住宅ローンを借りるときに銀行で審査があります。
住宅ローン審査に通過できたら、ある程度安全な資金計画であるという判断の目安になります。

しかし、銀行の住宅ローン審査では、ライフイベントや叶えたい夢のことまで考慮してくれません。

ですから、ライフプランニングで金融資産残高を見える化しておく意味は大きいのです。

ライフプランニングは自分でやるの?

ライフプランニングは、自分でやる必要はありません。
FP(ファイナンシャルプランナー)に頼めばやってくれます。

そもそも、家計の改善策を考えるときはプロの意見を聞くべきです。
素人が一人で悩むより、プロならではのアドバイスを聞く方が効果的です。

ちなみに、FPを探す方法は3つぐらいあります。

ファイナンシャルプランナーを探す方法

  1. 建売会社や不動産屋に紹介してもらう
  2. 生命保険会社に相談する
  3. タウンページやインターネットで街のFPを探す

建売会社や不動産屋に紹介してもらうと利害関係に注意(建売会社に都合がよい結果になる?)ですが、一番手っ取り早い方法でしょう。

保険会社所属のFPは必ず保険の見直しを勧めてくるので、必要なければ断る手間がかかります。
メリットは、無料でライフプランニングしてもらえることです。

街のFPはお金に関する広い知識を持っています。
普通に相談すると有料ですが、無料で相談できるFPの検索サイトもあります。

まとめ

家を購入するときは、家計が破たんしないか事前にチェックしておくことが重要です。

そのチェック方法としてライフプランニングという手法があります。

元住宅営業である私も、子供が生まれたときと住宅を買おうと思ったときの2回、FPにライフプランニングしてもらいました。

これから家を買うなら、ライフプランニングをおすすめします。

住宅資料請求のコツ、知ってますか?

家の購入予算

知ってますか?
住宅資料請求のコツ

どのタイミングで資料請求?
どこでもらえばいい?
資料の見方は?活用方法は?

資料請求は、モデルハウスやオープンハウスに行く前がおすすめです!
その理由を以下の記事にまとめました。

家を買いたいけど、何から始めていいかわからない!
そんな方に、ぜひ知っていただきたい内容です。

住宅購入の参考にどうぞ。

分譲住宅の資料請求のコツ

厳選!これから家を買う人にオススメのお役立ちサイト

初めから、優しく、初心者に無料でアドバイス

分譲・注文住宅だけでなくマンションもOK!

 何度でも無料で相談できる
 理想の家に出会えるまでサポート
 専門家監修の講座が受講できる

家が欲しいけど、何からしたらわからない」「家づくり、失敗しそうでコワイ」って悩んでませんか?そんなときは「LIFULL HOME'S すまいの窓口」がイチオシです。

店頭窓口で、中立的立場のアドバイザーが無料で解決策を教えてくれます。ただし、店舗があるのは今のところ「東京・神奈川・千葉・埼玉・福岡」と限られた地域のみ。

それ以外の地域では、電話サポート(無料)が受けられます。予約して「家が欲しいんですけど、私いったい何からしたらいいんでしょう?」って聞けば親切的確に教えてくれますよ。

非公開物件の情報がもらえる資料請求サイト

関東で家を探すなら、イチオシのサイトです。

 送られてくる資料が豊富
 非公開物件も探せる
 新築も中古も探せる

東京都神奈川県千葉県埼玉県の物件情報が豊富です。新築も中古も、一戸建もマンションも、ご希望に合わせて資料請求できます。

要望を書く欄がありますので「大手ハウスメーカーの一戸建て」とか「築10年以内の大手ハウスメーカー中古物件」など記入して申し込むことができます。

提案資料が豊富で、大手不動産情報サイトにも載らない非公開物件資料も手に入ります。

注文住宅の豊富な資料が請求できるサイト

大手の建売買うなら注文住宅という選択肢も!

 間取りの要望を叶えやすい
 構造の品質チェックがしやすい
 ただし、建売より手間がかかる

大手ハウスメーカーの建売住宅は、パワービルダーの建売住宅と比べて高価です。その価格帯なら、地域で頑張っている住宅会社や工務店の注文住宅も視野に入ってきます。

注文住宅は手間がかかりますが、希望にかなった理想の住宅が作れます。こちらも資料請求してみて、建売と比較してみてはいかがでしょうか?

人気記事

83,140view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 いざ、「一戸建てを買おう!」と思っても、その高さに気絶しそうになりますよね。 「こんな大金の住宅ローンを組んで、ずっと返していけるんだろうか?」みたいな。 家計 ...

77,809view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 せっかく苦労して高い家を買ったのに、住んでるうちに後悔し始める・・・。 そんなの、絶対避けたいですよね! でも、けっこう多いのです。そういう方々。 あなたは、そ ...

53,775view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 家を購入する年齢は何歳ぐらいが適齢か、考えたことありますか? 家は、何歳までに買わないといけない? 何歳から、買っても大丈夫? 家を買う人の平均年齢や平均年収っ ...

47,707view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 家を買うのって、かなり難しいですよね。 どんなところに注意したらいいのでしょう? 今回はステージ別に「建売住宅を買うときの注意点」をあげてみたいと思います。 最 ...

13,114view

ナツダどうも、元住宅営業のナツダです。 住宅会社や不動産屋の営業マンと話をするとき、大切なことを聞き逃す方がいます。 その一番の原因は、利き手の知識不足。何を聞けばいいのか、わからないのです。 それを ...

-建売住宅の予備知識
-

Copyright© 家を買うなら! , 2018 All Rights Reserved.